劇団ふだい2016夏公演「For the future」

演出・脚本 ひめ

日時 7月10日(日)14:00~

                         18:30~

             12日(火)19:00~   *30分前開場

会場 富山大学五福キャンパス学生会館ホール

入場料 無料

あらすじ これは、ほんのちょっと未来のお話。とある高校のとある教室は

     「理想の大人を育成する」プログラムの厳しい管理下に置かれていた。

     冷酷な女教師、感情を失ったクラスメイト。

     教室を取り巻く異様な状況に、3人の生徒が立ち上がる!

     男勝りな熱血系女子ユリナ、しっかりもので兄貴肌のジュン、

     引っ込み思案で気弱なソウタ。

     デコボコトリオは大人の管理を逃れ、自由を手にすることができるのか...!

スタッフ   演出・脚本 ひめ

              舞台監督 ふっきー

     舞台美術 Saku、MANA、ハンター、佑治、蛇間烏賊

     音響 ひろし、見島、T.N.Chaos

              照明 しゅんたろう、しばお、平居進

     衣装メイク ふっきー、よこよこ、たぬきち、ひろせ

     制作 たけまろ、いしはと、王

キャスト コイデユリナ MANA

              ドイジュン ハンター

     モリカワソウタ しばお

     Mrs.A よこよこ

     少年 ひろし

写真

授業風景。生徒たちが機械のように返答を繰り返しています。

教室の状況に対する、主人公、ユリナの一人語り。

ユリナ、ジュンに話しかけられるも、引っ込み思案なソウタは上手く話せません...

先生のMrs.Aに目をつけられ、ソウタは何度も教科書を音読させられます。

ソウタが持ってきた新聞で、ユリナたちは「理想の大人育成プログラム」について知ります。

3人は屋上で、大人たちと戦うことを宣言します!

「個人授業」で、Mrs.Aは、少年に「理想の大人像」を刷り込みます。

少年は、委員長として「理想の大人」にならなくちゃいけないと考えていました。

「自分を大切にしなよ」とユリナが忠告します。

誰もいない教室での独り言で、先生の考え方は先生のお父さんの影響だと分かります。

教科書を繰り返し音読させるMrs.Aと、それに従うソウタにしびれを切らし、ユリナが思いをぶつけます。

言い過ぎたと落ち込むユリナを、ジュンが優しく慰めます。

お互いに謝って、ユリナとソウタは仲直りします。

授業でまた指名され、ソウタがついに立ち上がります!

ソウタに触発され、少年も大人に立ち向かいます!

ユリナは、「立派な子供だってある」とMrs.Aに訴えます。

自由を求めていた子供時代を思い出し、後悔するMrs.A。

仲間が離れていき、大人の言いなりになってしまったのでした。

ユリナがスカーフを渡し、みんなで一緒に楽しい教室を作ろうと約束します。

「理想の大人育成プログラム」廃止のニュースが流れ、

ユリナたちは活気のある楽しい授業を受けています。

キャストスタッフ紹介はこちらから

inserted by FC2 system